2008年03月25日

リンガフォンの特徴

リンガフォンの教材を買ってから早半年。この半年間、リンガフォンには全く手をつけていなかったのですが、最近転職活動を始めたことを契機に勉強を始めました。

その会社に入るためには、TOEICの点数が最低730点必要です。2006年に、TOEICの問題が改定され、ヒアリングではアメリカ・イギリスの発音だけだったのが、オーストラリア・カナダ・東南アジアと英語が使われている様々な国の発音が問題の対象になりました。

これは単純に、今までよりも難しくなったといえます。

リンガフォンの教材を始めて思ったことは、「伝える」ことに重点が置かれていることです。

もちろん、例文を覚えておいて、必要なシーンでその例文を言えば伝わりますが、リンガフォンのアプローチはそうではありません。

ホテルのフロントで、「Restaurant please.」といったら・・・それはそのお客がレストランを探しているということがわかります。言葉は少なくても伝わるケースは多々あるのです。

リンガフォンではこのように、「伝えるための英語学習」に重点が置かれており、物々しいテキストと比べると、英語の敷居をぐんと低くしてくれる気がします。

まだ始めて3日目ですが、早くもその効果が期待できそうです。
posted by englishman at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リンガフォンの特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。